前へ
次へ

これからさらに便利になるタッチ決済!その歴史は?

VISAのタッチ決済はSuicaや楽天Edyなどの「電子マネーが更に便利になったもの」と考えると分かりやすいかもしれません。そんな電子マネーが日本に初めて導入されたのは2001年。最初に登場したのが、楽天EdyとSuicaです。Suicaが登場した頃は、改札に立つ駅員さんへ切符や定期入れを見せるのが一般的でした。そこに登場したSuicaは「ピッ!」ってするだけで通れるので、とても便利でした。今ではSuicaは、通勤通学に欠かせないアイテムになっています。その後の2000年以降は便利な電子マネーが次々と導入されました。そして2006年、VISAのタッチ決済のサービスが開始されたのです。VISAのタッチ決済は今までの電子マネーと違い、海外でも利用できるところが大きな特徴です。「ピッ!」とかざすだけで支払いができるスピーディーで便利なタッチ決済。日本では今、2020年のオリンピックに向けて使用できる店舗を拡大中!これからはもっと身近なものになること間違いなしですね。

Page Top